【最新版】shr脱毛の論文はあるのか?

shr脱毛とルミクス脱毛を導入しているラココやストラッシュ、アリシアクリニックなどが有名ですがそもそもSHR脱毛ってちゃんと効果があるのか?気になるところですよね?

そこで今回はSHR脱毛を論文から見て効果があるのか?についてみていきたいと思います。

shr脱毛の論文を調べてみると・・・?

日本語ではでなかったので英語でAlma Lasers+SHR+paperと調べてみたらありました。

https://www.almalasers.com/wp-content/uploads/2017/05/SPlatinum_B2B_8pager_update_i_WEB.pdf

ただ英語なのでなんて書いてあるのかわかりませんでしたが、wikiではこのような掲載されていました。

レーザーもしくは光脱毛機における、比較的弱いエネルギーのパルスを断続的に照射して毛包組織と周りの真皮層の水分量の差による熱伝導率の違いを利用して毛包組織に優位に蓄熱する照射方法。

アルマレーザー社が開発して論文を公開している。脱毛の効果を得るにはこの方法で毛の再形成に関与する生物学的要素の機能を損失する有効温度50℃〜55℃にすることで効果を得るとしている。

また比較的弱い出力パルスを使うため脱毛時における痛みを大きく抑える効果がある。また作用機序はIPLと同じく毛に含まれるメラニンに光が吸収されて熱に変わるという原理は同じである。

SHRはバルジ領域等を狙い撃ちするような事と勘違いされることもあるが光の特性と毛包、バルジ領域、発毛因子には色素がないため特定の部分を加熱するような事はできないと考えられる。またそのような記述も元の論文では見当たらない。
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/SHR

一応wikiを見る限りでは有効温度50℃〜55℃で照射することにより効果が得ると書いてありますね。

従来の照射レベルではもう少し熱いので痛みがあるのですがSHRでは出力レベルが弱いので痛みを抑える効果もあります。

ただ驚いたのはバルジ領域を照射することで脱毛効果があるというわけではないみたいですね。

ほとんどのサイトがバルジ領域を照射することによって脱毛効果を得るみたいないことを書いていますが、wik情報だと「そのような論文は見当たらない」と書いてあるので根本的にアプローチ方法が間違っているのだと思います。

結局のところSHR脱毛は効果ってあるの?

SHRが開発したのは、 医療・美容機器の販売実績において世界のトップ5に入るアルマレーザー社です。

なので実績のある開発元なのでちゃんと脱毛は効果はあるかと思いますが基本的に何回も脱毛をして徐々に効果を得る脱毛機なので初めの方は実感がしにくい脱毛機ですね。

ただSHRは

日焼け肌や敏感肌にも脱毛できる

金髪や産毛脱毛にも効果を発揮

今までの脱毛より痛みが軽い

といったメリットがあるのが上記に該当するのであれば一度無料カウンセリングで行ってみることをおすすめします。

しっかりと脱毛効果を感じたいなら医療脱毛へ

痛みは強くなりましたが脱毛機によっては1回目から即効性があります。例えばアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーなら1回目からぽろぽろ抜け落ちてツルスベになります。まぁ数ヶ月にはまた生えてきますが。。。

医療脱毛にもSHRはありますが光脱毛と一緒で徐々に毛がなくなる手法なので初めから効果を得たいならアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーがおすすめですね。

ただ光脱毛とはちがい医療脱毛のSHRはレーザー出力なので効果は光脱毛より期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です